写真トレースのメリット、デメリットを説明します。

メリット

  • 実際の手順を見たままイラストで表現できる。(手やツールも実物でイラスト化)
  • 写真が素材になるので特別な知識やソフト、ツールの必要がない。(性能の良いカメラがなくとも場合によってはスマホでも可能)
  • スマホで写真を撮ってそのまま、スマホから依頼ができる。
  • 上記メリットから、マニュアル編集者がイメージしたイラストを依頼しやすい。

デメリット

  • 実物が必要。試作品などで設計と形状が違うとできない。
  • 3Dモデルデータがあり、扱える担当者がいる場合3Dデータの方が利便性が高い場合もあります。(実物がない場合)
  • 部品を分解して空中に浮かんでいるような分解図を作る場合、写真だと角度を合わせて撮影する必要があり技術を必要とします。

写真トレースは依頼しやすく、トータルで低コストで作成できますが、前提として完成、もしくは試作の製品が必要。依頼の技術的なハードルは低いです。

写真トレースに向いている事例

  • 比較的小型の製品で手を入れて説明したい場合。
  • 実物が入手できるもの。
  • 1製品でそれほどイラスト点数が必要ないもの。(とにかくリーズナブルに)

以上、当サービスのご利用をご検討よろしくお願いいたします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です